読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンターハンター考察してみます

素人がハンターハンターを考察してみます

ハンターハンター考察 ジンがNo2にこだわる理由とは?

ハンターハンター考察

休載の多いハンターですが、あえて休載は読者への考察期間だとポジティブに考えて、素人なりに考察してみようと思います。

 

ジンがNo2にこだわる理由

いろいろと考察するものが多いのですが、

自分が一番気になっているのが、ジンのNo2問題。

これは、マンガ上でもわかりやすく読者に謎かけしていますよね。

 

さて、ジンはなぜNo2にこだわっているのか?

No2になることで、ビヨンドの計画には協力し、パリストンの企みは阻止することになるのはなぜでしょうか?

 

パリストンはビヨンドの邪魔をしようとしている?

パリストンが一番喜びを感じるのが、人に嫌われたり憎まれること。

そして愛しいものは無性に傷つけたくなると言ってました。

 

そもそもパリストンは暗黒大陸で冒険したい!ってタイプじゃないですよね。

 

そんなパリストンが、ビヨンドに無償で暗黒大陸開拓の計画や秩序を提供したのは、もともとはネテロに対して嫌がらせをして、ネテロと遊びたいためだったとか?

 

ネテロの話題となると真剣な顔で、感情むき出しになるくらい好きなようですし。

 

ただ、ネテロは死んじゃったんで、次なるターゲットとして、ネテロの息子であるビヨンド(十二支んの心を揺さぶるくらいには凄そう)の邪魔をしようと考えているんですかね・・・。

 

でも、そこまでのこだわりはないのかもしれないですね。

ジンに対してもNo2の座をすぐに譲ってますし。(まぁあそこで、真っ当にNo2対決してもジンに勝てないからだったかもしれませんが)

 

パリストンはジン狙い!?

これはちょっと微妙かもしれないですが、ジン狙いという線です。

 

ジンが最初に乗り込んできたときに、「ようやく相手してくれるんですね」って言ってたのが、気になるんですよね。

 

ジンとパリストンは古くから因縁があったようで、パリストンはジンに何も勝てていないとか?

選挙編でも完敗と自分で言ってましたし。

そこで、暗黒大陸をいずれ目指しているジンより先に、暗黒大陸冒険を成功させれば、直接ではないですが、ジンに勝ったことになると。

 

ただ、ジンがNo2としてチームに入られると、それが達成できないのでイラついていたとか?

そして、ジンもそれをわかっていたので、No2という肩書だけでよかったと。

 

・・・ ちょっと無理がありますかね。

 

ビヨンドは暗黒大陸行く気がない

これもかなり無理がありそうですが、ビヨンドは暗黒大陸行く気が全くない説です(笑)

 

なぜかと言うと、ビヨンドの「待つさ  いくらでもな」というのが気になってるんです。

これは単純に、いままでのネテロの長い拘束に比べれば、この程度の拘束なんて大したことないって意味ですかね?

そもそも自分は行く気がないことによる考えだとすれば、No2問題も、No1がいなければNo2が実質No1ってことで、No2にこだわる理由として考えられますが・・・。

 

 ・・・さすがにこれはないかな(笑)

 

また何か思いついたら書きますね。

 

駄文読んでくださりありがとうございました。